TOP
37.00score

TomTom

スポンサーKataribe

こんな経験私もしてみたい!!!

今でも覚えてる…

私が高校に、入学したての頃でした。
私が好きになったのは
年上の高3の先輩でした。
完全に私の一目惚れで、でも片思いで
終わるんだろーなーと考えていました。
ある日自分のブログをチェックしていた時でした。
なんて、その一目惚れした人のブログを
見つけたのです。私は迷わず
その人のブログに、申請しました。
驚区ほど早く、許可がきて
自分でも、びっくりしました。
そこから、連絡先を交換しました。
そこでずーっとラインをしていて
その夜のことでした。
ラインの話題が、なぜか好きなひとになり
そして、彼がこう言ったのです。
まさか、○○の好きな人って 
俺だったりしないよね?って言われたんです。
わたしは、二時間近く悩んで 
返信することができませんでした。
そして、翌日朝携帯を見てみると
ごめん、俺なんか変な事言ったかな?
ごめんねってきたんです。
私はその時に自分の気持ちを正直に伝えました。
そしたら彼は、ありがとう
でもまだ、○○の事をよく知らないから
お友達からでいい?と聞かれたので
私は、迷わずうんと答えました。
そこから、毎日連絡をとるようになり
何回か、公園デートもしました。
そんなこんなで、1ヶ月がたったある日でした。
いつものように、連絡をとりあっていたら
彼が急に明日会えるかな?伝えたいことがあるんだ
と言われました。私は、なんだろう?と思いつつも 
分かったと返信をして、翌日彼と会いました。
そしたら、彼がまたせてごめんね。
俺の彼女になってくれるかな?って言ってくれました。
私は嬉しいのと恥ずかしいので、首をたてに
ふることしかできませんでした。
そしたら、彼は何もいわずに抱きしめてくれました。
この告白が、私にとって最高の告白です。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

by もるるん 2014-06-24 21:54


ため息が出るような
ステキなエピソードですね…

友達申請をためらわずに
したその勇気も
さらっと自分のことが好きかと
聞いた先輩の言葉も
お互い心の動くままにできた自然な事で
そして結ばれたなんて
運命という言葉しか出てきません☆

これからも2人にステキな
エピソードがたくさん生まれますように!

.

最終更新日:2014-06-25 10:31

コメント (0)